2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
伊藤つかさ / 少女人形

少女人形 (1981.09.01) 徳間ジャパン(作詞:浅野裕子・作曲:南こうせつ)

伊藤つかさ / 少女人形


伊藤つかさ / 雪見だいふく


伊藤つかさ / 雪見だいふく


伊藤つかさ / 雪見だいふく


伊藤つかさ / 雪見だいふく


伊藤つかさ / ガムンボ


■伊藤つかさ(いとう つかさ、1967年2月21日 - )

日本の女優。所属事務所はカートプロモーション。

東京都渋谷区生まれ。世田谷区立北沢中学校、私立駒沢学園女子高等学校、横浜トキワ松短期大学(現:横浜美術短期大学)卒業。独身(離婚歴あり)。小学校時代は長野県で過ごした経験あり。

母の勧めで幼少期より「劇団いろは」に入団し、子役として主にドラマに出演していた。

1980年、「3年B組金八先生」でクラスのアイドル的女子生徒・赤上近子役を好演。TBSへの問い合わせ件数は女子生徒役の中で一番多く、局に届くファンレターやプレゼントの数も圧倒的であったという。

1981年9月1日「少女人形」でアイドル歌手としてデビュー。歌手の同期では近藤真彦、沖田浩之、竹本孝之、堤大二郎、ひかる一平などの男性アイドルが多かった。

年齢よりも幼く見える童顔と頼りなげに上目遣いで瞳を潤ませる表情などもあいまって、当時のロリコン・ブームを牽引するアイドルの一人と称されることも多かった(但し、昨今の幼女を性的な対象としてみる趣旨とは違う)。

ドラえもんに登場する「伊藤つばさ」は彼女がモデルである。

その後も現代劇を中心にドラマに出演。時代劇にもレギュラー出演していた。叙情漫画家みつはしちかこ原作の「小さな恋のものがたり」でチッチ役としてラジオドラマやアニメで声優デビュー。

かつて、タモリが彼女の大ファンだった事がある。タモリが司会を勤める「笑っていいとも!」の名物コーナー「テレフォンショッキング」は、タモリが彼女に会うために作られたものとされている。
関連記事
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://goldenage1980.blog.fc2.com/tb.php/134-11bb89c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。