2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プルシアンブルーの肖像』(プルシアンブルーのしょうぞう)は、1986年7月26日に公開された東宝配給の日本映画。安全地帯のボーカル・玉置浩二の俳優としての初出演作品。

ぷるしあん

メガホンをとったのは当時キティ・グループの社長であった多賀英典である。

内容としては小学校を舞台にしたホラーで、特殊メイクによる玉置の変貌を売りとしていた。尚、玉置はこの頃から髭を伸ばし始めていた。

チェッカーズ
主演映画第2作『Checkers in Song for U.S.A.』と同時上映だったため、強いて言えばチェッカーズと安全地帯という2大アーティストが出演するアイドル映画2本立てという位置づけだった。

当時、玉置は大王製紙のCMに出演しており(CMソングは安全地帯)、この映画にも大王製紙のスポンサーがついた。

【あらすじ】

主人公は学校の生徒でいじめられっ子の冬花と、学校の用務員で優しい秋人である。秋人は15年前に校内で起きた級友の事故死が原因で失語症となり、現在に到るまで喋る事が出来ない。しかもその事故の原因は自分だった。

夏休みの小学校の登校日。

建て替え予定で閉鎖されている旧校舎に隠された秘密とは。冬花を待ち受ける運命とは。

冬花に好意を寄せる同級生・春彦は冬花を救うことができるのか。そして、15年の時を経て、秋人は本当の愛を得ることができるのか。

【キャスト】

桐島冬花 - 高橋かおり
たかはしかおり

菊井カズミ - 磯崎亜紀子
いそざき1

いそざき2

萩原秋人(用務員) - 玉置浩二/田付貴彦(少年時代)
たまき1

梅本春彦 - 長尾豪二郎
深見先生 - 村上弘明
尾花先生 - 原田美枝子
藤崎夏美 - 立石夕香
垣田初子 - 高橋リサ
宝田慎一
山下陽子

最後の弾丸 玉置浩二迫真の演技↓↓
関連記事
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://goldenage1980.blog.fc2.com/tb.php/220-30aae2a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。