2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライディーン」と並ぶYMOの代表曲。ピンク・レディーの一連の楽曲を坂本龍一が分解・研究し再構築した「東京歌謡」。以前にもライブでピンク・レディーの「ウォンテッド」がカヴァーされたこともある。坂本本人は「単に売れる曲を書いてやろうと思って」とのコメントを残している。

アルバム『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』からシングルカットされたものではあるが、アルバムとは異なるヴァージョンとなっている。

コンピュータによる自動演奏の印象が強いが、コンピュータ・プログラマーの松武秀樹とレコーディング・エンジニアの小池光夫によれば、トラック数不足から同期信号を消した上に録音することになった関係で「7割くらい手弾き」である。レコーディング当時のトラックシートには坂本の字で「根性のBRIDGE」と書いてあった。また、シートに書いてある仮タイトルは「うさばらし」だった。

録音を開始したのが3月6日だったが、5月末までダビングを行った。録り直しが多く、小池光夫は大変だったと回顧している。

サビは坂本の手癖となっており、YMOのアルバム『BGM』収録の「U・T」や、坂本のオリジナルアルバム『CHASM』収録の「Seven Samurai - ending theme」のサビもやや似たフレーズとなっている。

アルバム『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』に収録されているテイクでは、フェイドアウトする直前(3分55秒付近)に「テクノポリス」と囁いている声が聞こえる。

この曲は、3人も出演した富士フイルムのカセットテープ(フジカセット)のCM曲に起用されている。

TWO-MIXを始めとする数多くのアーティストにカヴァーされている。

電気グルーヴによるリミックス、「YMO REMIXES TECHNOPOLIS 2000-00」収録のバージョンが、ココリコミラクルタイプでのコント紹介のBGMに使用されていた。

テレビ朝日で朝に放送されていた鉄道運行情報番組『みどりの窓口』内で、特急/寝台車 空席情報コーナーのBGMに起用されていた。イントロや曲中のボコーダーを使ったフレーズは外されている。

YMO、1枚目のシングル。

テクノポリス

めだか
わらべ / めだかの兄弟
関連記事
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://goldenage1980.blog.fc2.com/tb.php/257-c9916ecf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。