2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YMO / Rydeen


YMO / Rydeen


YMO / Rydeen


ライディーン(雷電、RYDEEN

日本の音楽グループであるイエロー・マジック・オーケストラYMO)の2枚目のシングル曲。

1980年6月21日にアルファレコードよりリリースされた。

「テクノポリス」と並ぶYMOの代表曲である。メロディは居酒屋で高橋幸宏が鼻歌で歌ったのを、坂本龍一がメモに書き起こして作られたとされる。ただしイントロの「チャンチャンチャーン」のコードは高橋がすでにキーボードで考えていたもので、続きの部分は坂本が聞き取ったものである。坂本はその光景をはっきりと覚えているが、高橋は覚えていない。

元々のタイトルは相撲取りの「雷電爲右エ門」から『雷電』と表記された。坂本は「『雷電』には東海道五十三次のような浮世絵のイメージがあり、浮世絵が世界に影響を与えたように、自分達の音楽も世界に影響を与えることと重ね合わせた」と発言している。その後、細野の「アメリカで今『勇者ライディーン』っていうアニメがヒットしている」ので「じゃあ、『ライディーン』にしちゃおう」という発言で「ライディーン」となった。

「日本風ディスコ」を目指したこの曲のモチーフとなったのは『七人の侍』と『スター・ウォーズ』である。前者はイントロのクリックのリズムや曲半ばで聴こえる馬が駆けるときの蹄(ひづめ)の音を連想させる効果音、後者は間奏に登場するレーザービームをイメージした「ピュンピュン」という効果音に反映されている。

無機的な表現とするためあえて抑制したつくりだった「テクノポリス」に対して、「ライディーン」は逆に盛り上がるように作られている。また、細野は「遊びながら、当時の自分達では作れるとは思っていなかったサウンドができ、非常に楽しいレコーディングだった」と回想している。

YMOのメンバーも出演していたフジカセットのCF曲「歩き篇」に採用された。1982年にセガが発売したアーケードゲーム『スーパーロコモーティブ』のメインBGMで使用された。1983年にシグマが発売したアーケードゲーム『バトルクルーザーM12』で大型潜水艦登場時のテーマとして使用された。1999年にコナミが発売したゲームボーイ版ゲーム『beatmania GB2 ガッチャミックス』の隠し楽曲で収録された。2010年にはYMO自身が出演した「ポッキー」(江崎グリコ)のCMに使用された。

プロ野球の読売ジャイアンツの応援団(広島にある応援団GLOVE)が広島・甲子園・九州を中心としてチャンステーマとして使用している。

「おもいッきりDON! 1025」の「夕刊来たDON!」コーナーのBGMに使用されている。

■ライブでの演奏

1983年の武道館散開ライヴではYMOのもう1つのヒット曲である「TECHNOPOLIS」とメドレー形式で連結させて演奏した。この2曲が連結されてライヴで演奏されたのは、YMOの歴史の中でこの散開ライヴのみである。間奏中にメンバーの「ライディーン!」という掛け声が入っている。

1993年の東京ドームにおける再生ライヴではこの曲のAメロのみが演奏曲「CHANCE」のコーダとして演奏された。

■録音

Aメロの音色は「アープ・オデッセイ」を使った坂本龍一の手弾きである。イントロの「チッチキ...」にはピンクノイズが使われている。

Cメロで聞かれる馬の蹄は細野が得意としていたサウンド・エフェクトで、コルグPS-3100を使用している。この音にサンスイQSエンコーダ(QS-1)で音の位相を変化(定位感も参照)させて、頭の中を走り抜けていくような効果を生んでいる。

間奏のサウンド・エフェクトで聴かれる「ホワァー」という音は細野によるPS-3100、「ピュンピューン」という音は坂本によるアープ・オデッセイの音が使われている。

ドラムの飛び跳ねるようなフィルは、高橋が影響を受けたビートルズのリンゴ・スターの叩き方をまねている。
関連記事
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://goldenage1980.blog.fc2.com/tb.php/258-860a3c25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。