2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



みんなのうた」は、サザンオールスターズの24枚目のシングル。丁度デビュー10周年となる1988年6月25日発売。発売元はビクターTAISHITAレーベル。
本作以降初版からCD版が発売されているが、1998年2月11日にも8cmCDとして、2005年6月25日には12cmCDで再発されている。

1985年のアルバム『KAMAKURA』を最後に活動休止中であったサザンの復活シングル。シングルでは『メロディ (Melody)』以来約3年ぶりとなる復帰作。同日にはこれまでのシングル23作品もリマスタリングを施されCD盤で再発されており、本作からはCDシングルも同時リリースされるようになった。また、テレビ朝日系音楽番組『ミュージックステーション』で初出演した際に「Big Star Blues (ビッグスターの悲劇)」と共に披露した曲でもある。
現在ではライブの定番曲であり、演奏される回数も多い。また、この曲の歌詞を毎回桑田が間違えることやサビから入るライブ限定の歌いだし、そして夏場に行われる水かけはもはやお約束となっている。タイトルは復活を待ったファンに向けたものとされ、NHKの音楽番組『みんなのうた』とは関係がない。この作品の直後には、桑田佳祐のソロアルバム『Keisuke Kuwata』が発売されている。このアルバムの製作に関わった小林武史は、本作以降編曲やサポートミュージシャンとして長らく関わる事となる。
翌年発売のベスト・アルバム『すいか SOUTHERN ALL STARS SPECIAL 61SONGS』、1995年発売のベスト・アルバム『HAPPY!』にカップリングを含め2曲とも収録。『みんなのうた』自体は1998年のベスト・アルバム『海のYeah!!』に収録されている。
テレビ東京系『世界を変える100人の日本人! JAPAN☆ALLSTARS』の番組テーマソングとしても使用されていた。

みんなのうた
(作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ & 小林武史
主に夏のコンサートやライブでの定番曲。この曲が演奏される際には、観客が両手を上げて左右に振るのが恒例となっている。毎回のように桑田が歌詞を間違えており、ライブでは歌詞を観客に向けたメッセージや煽り等に無理やり替えられていることが多い。2004年から2005年にかけての年越しライブ『暮れのサナカ』では初めてラスト曲として歌われている。近年では桑田がクレーンに乗って水を会場に撒くこともある。本作はPVも存在しているが、映像中は疑似ライブも収録されており、曲中には収録されていない歓声なども挿入されている。
関連記事
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://goldenage1980.blog.fc2.com/tb.php/323-8ab9f73e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
サザンオールスターズ / みんなのうた 1988/06/25発売作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ
2012/05/13(日) 11:03:30 | まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。